フォローする!

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

May 2021
M T W T F S S
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ポーカーは主に特別なシンボルとして映画で用いられます。ポーカーで競っている映画はたくさんあります。

トランプゲームは洋画によく登場し、その多くは筋書きの中心となっています。

『カリフォルニア・スプリット』: 古い映画ですが、賭けと、スポーツベッティングと昼まで寝ているギャンブラー日々の生活を描いたほとんど唯一の映画です。奇妙にばかげた結末と混乱したサウンドだけが残念ですが、カリフォルニア・スプリットはロバート・アルトマン監督の作品です。

スティング』: チートするなら、相手より高くチートしましょう。ニューマンがトレイン・ボードのカードゲームでロバート・ショウを出し抜きます。

『シンシナティ・キッド』: 一流の輝かしいポーカー映画のフィナーレは、それゆえに、滑稽です。残念なことに、それが映画全体を損ねています。キッドはおしゃべりで勝負でへまをします。それでも、アン=マーグレットとスティーブ・マックイーンが演じ、「正しいときに間違ったことをする、それがまさしくみんなが悩むことだ」というセリフの映画は、それゆえ見る価値があります。

『プレイシング』: あいまいな、『俺たちに明日はない』より前のこの映画では、ベイティは製造工場に押し入り、世界の有名カジノ用にプレートにカードをプリントします。ベイティだけがわかる方法でしるしをつけるのです。

『ボーン・イエスタデイ』: ジュディ・ホリデイは頭の鈍いプロンド美人を演じ、ブロデリック・クロフォードは粗野な男で、彼女を愛人にしています。ホリデイの演技を見てください。そうすれば「テーブルイメージ」でのリプレースメントの読みを習得するかもしれません。名場面のある名作です。

『テキサスの五人の仲間』: ここぞという大勝負に何が起こるか分からない、そしてポーカーの手札が信じられないものに…最後まで目が離せない映画です。

『三人の名付親』: この物語は何度も映画化されています。最高作はジョン・ウェイン出演の1948年版です。ならず者たちが良い行いをします。銀行強盗が赤子の世話をする…?

『ドクトル・マブゼ』: マインドコントロールを用いてブラックジャックで相手にパットオンスリーさせ、ポーカーで勝ちのハンドを切らせるとしたら、どのくらいうまくいくでしょうか。変装自在の犯罪者、マブゼ博士はそれをまさにやってのけるのです。

『ラン』: 守護聖人プロボクサーはニュージャージーのカジノで時間をつぶしています。ここで、ディーラーにチップを渡し、いやなたばこの煙を追い払うプレーヤーの珍しい面を目にします。

『拳銃王』: シリアスな西部劇の比類なき最高作のひとつで、グレゴリー・ペックは平和な生活に戻りたいとただ願う悪名高き早打ちの名手です。しかし、名を残したくて世界中の無法者を追っています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

おすすめ記事

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x