着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 

今日からはじめる和の手芸

レッスン12 (最終回)  袱紗(ふくさ)

お祝いの場面でていねいに袱紗を扱う姿は
日本らしく美しい所作ですね。
ご祝儀用のマイ袱紗を自分らしい和の布で
手作りしてみませんか。
ひとまわり小さなサイズで作れば、
懐紙入れにも使えて
おすすめです。

ワンポイント
ちりめんは高温のアイロンで縮むことがあるので、
当て布をして少しづつ温度を上げて様子を見ながらかけましょう。

材料
・表布、裏布(ちりめんカットクロス)
 23×33cm 各1枚
・接着芯(中厚手、不織布タイプ)
 20×30cm
・タッセル 一本


《作り方》
1.接着芯を図の寸法に裁断し、表布の裏面に接着芯を貼ります。

2.接着芯の周りに縫い代1cmをつけて表布をカットします。裏布には接着芯は貼らず、図に縫い代1cmをつけてカットします。
 
3.表布と裏布を中布に合わせ、まち針を打ちます。返し口を残して接着芯に沿って縫います。

4.返し口から表に返しアイロンをかけます。返し口をまつります。

5.端から5cmのところにミシンをかけます。

6.折れ線(1)で折りアイロンをかけ、端から3mmの位置にぐるりと端ミシンをかけます(しつけをかけると仕上がりがきれいです)。

7.折れ線(2)で折りアイロンをかけます。

8.お好みでタッセルをつけて完成です!