着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
<<  2019年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
たんすコンシェルジュ
月刊『花saku』は
ウェブからご購入いただけます。
 
花saku次号予告
 

編集長ブログ

和の生活マガジン花sakuの4月号 ちょっぴりリニューアルしました。桜満開でのお届けです。結城紬大使中谷比佐子さんと訪ねる結城の郷八重の桜に包まれて 久しぶりに「結城紬」を特集しました。東京からわずか1時間で桜のトンネルをくぐり抜けることのできる「日本花の会結城農場」に到着。ここは桜を研究し、育て、広めるための農場なんです。今回のロケ地はこちら。結城紬の大ファンという読者モデルの皆さん... [全文を読む]
Posted at 06:00
あなたと少しだけ違う癖  [2019年03月07日]
『花saku』で お世話になっている山崎美貴さんが出演しているお芝居、初日からずっと出張などでなかなか伺うことができず、や〜〜〜っと観に行ってまいりました。      美貴さん……『花saku』ではこんな感じでした。美しい〜〜〜。でも、このお芝居ではちょっと「え? 誰?」っていう変身ぶり。 まだご覧になっていない方!  うふふ... [全文を読む]
Posted at 17:52
恐ろしく眠そうな私(紺の絽)の真後ろにいらっしゃるのが岩井友見さん。その右側が仁科亜希子さん。左は仁科さんのご子息様ですね。恐らく10年以上前だったような気がします。この出で立ちからすると、もしかしたら襲名披露のパーティーだったか?記憶喪失です。そんな大昔にご縁をいただいた岩井友見さんを、特集で取りあげさせていただける日がやってくるなんて!というわけで、3月号では岩井友見さんと加賀友禅作家の松... [全文を読む]
Posted at 05:00
気づけばもう9回目の開催なのですね。暦の上では間もなく「春」を迎えますが、一年で一番寒さが身に染みる季節です。きものとわたしにご登場いただいた、柳家紫文師匠や、東京ガールズの皆さま!からのお知らせです。紙切り、浪曲、獅子舞、漫談、落語に、太神楽、音曲、漫才まで〜高円寺演芸まつりがやってきました\(^O^)/2月8日(金)〜17日(日)までの十日間、高円寺演芸まつりで笑って笑って暖まりませんか〜〜?... [全文を読む]
Posted at 06:00
以前に和の生活マガジン花sakuの連載「きものとわたし」にご登場いただいた女流講談師神田京子さん。 東京は神田のお蕎麦屋さんで、魅力的な講談会を開催なさいます。 残りあと8席!早い者勝ちだそうです!!***********   『第二回 神田京子おそばの会  ~清水次郎長伝~』                   @神田箸庵     とき:2... [全文を読む]
Posted at 10:28
インフルエンザのA型は、変形して香港型へ。そしてB型まで流行し始めたらしいですね。お外がコワイです……テレビでインタビューを受けていた医師は、1日に20回マスクを交換するのだとか。一般の人でも外出のたびに新品のマスクにするのが良いのだそうです。びっくり。 花sakuの読者の皆さまは、罹患してませんか?手洗いうがいで乗り切りたいですね。さて、2018年(平成30年)9月... [全文を読む]
Posted at 11:42
大寒。一年で最も寒い季節の到来です。 「寒中見舞い」も大寒まで。明日からは立春に向かって少しずつ春の準備が土の中で、木の上で始まっていきます。大寒の頃、長崎ではランタンフェスティバルが行われます。ランタン祭はもともと中国から来たので異国情緒あふれる長崎でランタンフェスティバルがあるのはなんとなく頷けるような気がします。 一方北海道でも雪にまつわるお祭りが盛んに行われるこの季節。どこまでも広... [全文を読む]
Posted at 06:00
2019年明けましておめでとうございます。東京都心部を含めた関東南部は穏やかな晴天のお正月を迎えております。2019年直販分の『着物手帳』を完売して、すがすがしい年越しとなりました。まだ全国の書店流通分、Amazonなどでは在庫があるようですので、引き続きまして『着物手帳』をよろしくお願いいたします。こちらは、昨年最後日の夕日です。遠くに富士山が見えているのですが、残念ながらあまりしっかり写りませ... [全文を読む]
Posted at 06:00
  メリークリスマス!!なんだか暖かくて、トナカイさんも迷ってしまわないかと思うほど。皆さま、どんなクリスマスをお過ごしでしょう。さて、20日の発売日以来大好評の、袴特集ですが……その流れで「お能」ネタの続きです。今年はご存じのとおり国立能楽堂が開場35周年。「記念公演」を次々と上演されています。というわけで、12/23に特別企画公演「明治150年記念 ... [全文を読む]
Posted at 17:35
「~もっと知りたい日本の衣装~ 折り目正しく きりりと袴」     今年も残すところあと半月足らず。師走も押し迫ってまいりました。編集部はすでに2月号、3月号、4月号の編集、制作に追われていて若干焦って参りました。 妙な暖かさのあった秋でしたが、いよいよ冬将軍もお出ましに! 暑がりの私もさすがに時々寒いです。(時々?)今、風邪をひくわけにはまいりませんので、うがい手洗... [全文を読む]
Posted at 08:17
川越博物館の文化祭  [2018年12月07日]
こんにちは。 気候変動が激しいですが、みなさま体調など崩していらっしゃいませんでしょうか。   先日、和の生活マガジン『花sauk』Twitterにて緊急告知をした川越博物館の文化祭へ「川越唐桟手織りの会」さんを訪ねました。川越唐桟の特集をしたのは2018年の3月号。あっという間に年末です。     会場には、いままで織りためられた縞、しま、シマ&hell... [全文を読む]
Posted at 16:02
  和の生活マガジン『花saku』12月号、珍しく表紙が外人さんです。これは、京都西陣の「スコープココ」というメーカーのきもので、一番左の葡萄唐草は、歌手のエンヤさんがふらっと訪れて 一目惚れをしたそうです。意外にもとてもよくお似合いだったそうです。 エンヤさんはきものが国境を超えることを証明してくれたのかもしれません。「スコープココ」は、加納幸という西陣の老舗帯メーカーの加納... [全文を読む]
Posted at 16:44
     知的な笑顔のセンスあふれる女性!そんな第一印象の山田悦子さんに、ある方のご紹介でお会いしたのは、もう数年前。風呂敷ブランド「むす美」のアートディレクターとして、国内外で大活躍中の女性です。  数年前に新しくできた東京ショップで、製品の紹介をしてくださったのですが、サイズも素材も柄行も、数えきれないほどの種類の中から的確なものをぱぱっとチョ... [全文を読む]
Posted at 23:21
歌手の野中さおりさんが、花sakuの10月号に登場!今年デビュー30周年を迎えて「天の川恋歌」をリリース。11月11日には、感謝の集いを銀座で開催予定とのこと。3歳から民謡を習った歌声と抜群の歌唱力で大活躍中です。聴く人が笑顔になるように! という思いで歌っているそうです。千地泰弘先生の白い天女のきものがお気に入りという野中さんは、きものは「相棒」だとおっしゃっていました。
Posted at 08:00
          念願の特集「いま再びのジャパンブルー 阿波藍に染まる 徳島の秋」本日無事に発行です。ありがとうございます。思わず「発酵です」と書きたくなったりして(笑) 藍が好きになったのは何歳のときだったか? はっきりと記憶に残っているわけではありませんが、物心着いた頃から「藍色」や「青色」が大好きでした。裕福な家... [全文を読む]
Posted at 08:00
<< 前のページへ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 次のページへ >>