着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
<<  2019年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
たんすコンシェルジュ
月刊『花saku』は
ウェブからご購入いただけます。
 
花saku次号予告
 
きものであそぼ
藍の浴衣  [2018年07月19日]
サッカーの試合でジャパンブルーという言葉がよく出てきます。
日本人選手のユニフォームの色です。
日本的な青、のことらしいですが、実際の色を見ると、単なる青です。
ジャパンブルーといえば本来日本に昔からある藍色でなければなりません。
恐らくサッカー関係者は勘違いしているのでしょう。
そのことを誰も指摘しないのは、藍色についての知識を持つひとが少なくなったからではないでしょうか。
青も藍も同じ色だと思っているのでは?
 
藍がなぜ日本的かというと、藍が日本人の肌によく合うからです。
黄色人種には青より藍が似合います。
白色人種には似合いません。
 
素肌に着る浴衣はそれゆえ、藍色がよく選ばれてきたのです。
藍には防虫の効果があり、虫の多い夏に適してもいます。
昔の藍の着物は触っただけで指に色が移ってしまうため、箪笥の中で1年寝かせ、色が落ち着いてから着ろ、といわれたものですが、現代の染色では染めの段階で防色しているためその必要はありません。
 
Posted at 12:07