着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
<<  2019年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
たんすコンシェルジュ
月刊『花saku』は
ウェブからご購入いただけます。
 
花saku次号予告
 

編集長ブログ

あなたと少しだけ違う癖  [2019年03月07日]
『花saku』で お世話になっている山崎美貴さんが出演しているお芝居、
初日からずっと出張などでなかなか伺うことができず、
や〜〜〜っと観に行ってまいりました。
 
山崎美貴さんの御召
 
 美貴さん……『花saku』ではこんな感じでした。美しい〜〜〜。
でも、このお芝居ではちょっと「え? 誰?」っていう変身ぶり。
まだご覧になっていない方! 
うふふふふふふ………お楽しみに♪
 
で、結論から申します。
 
 
「あなたと少しだけ違う癖」
 
 
かなり面白〜〜〜〜〜〜〜〜い\(^o^)/

お時間の都合のつく方は是非、ご覧になったほうがいいです。
ステキな時間を過ごせます。観劇後の清々しく爽やかな気分は演じてらっしゃる皆さんからの何よりのプレゼントでした。
3月10日(日)まで、中野ザ・ポケットで上演中です。
Web受付は終了してしまいましたが、まだチケットが少しあるそうです。


2005年パリ、パレ・ロワイヤル劇場で初演。2016年に日本初演。
奇才ロラン・バフィの卓越した辛口フレンチ・ヒューマン・コメディ、再び!

〔作〕ロラン・バフィ
〔翻訳・演出〕山上優

〔出演〕
ルー大柴、近童弐吉、山崎美貴、井上薫、永井美羽、永栄正顕、中村まり子(敬称略)

NLT 03-5363-6048

中野ザ・ポケット
受付ロビー 03-3382-1560

中野ザポケット


無理してでも行ってください(笑)
本当に面白かったです。
 
あなたと少し違う癖ポスター
ルー大柴さんが主演なんですね〜
で、少しネタバレ(悪い私)
場面は世界的に有名な神経精神科の待合室。世界的権威ですから、
なかなか予約が取れないドクターです。
そこに、や〜〜っとの思いで予約が取れた患者が次々と訪れてきますが、
飛行機の遅れなどでなかなかドクターは現れません。


そこで繰り広げられる舞台ですが、中だるみなし! 退屈なし!意味不明なし!
 
出張明けの睡眠不足疲労困憊だったので、落ちてしまったらどうしよう……
寝ちゃったら失礼だし〜なんて少し心配していたのですが、2時間があっという間!
 
エキサイティングでエネルギッシュな出演者の皆さんの演技にどんどん引き込まれて
気づけば夢中になってしまいました〜〜ヽ(^。^)丿
医者の待合室ですから不健康で病んでるはずなのに……
よーく考えたらかなり悲しくて切ないはずなのに、
つい笑ってしまう。なんともかんとも面白い\(^o^)/
次から次へと面白い。

ずーっと私の顔、笑ってたと思います(笑) ちなみに待合室にいる皆さんの「病気」は、全員が、それぞれ別々の病気。 心の病っていうやつなんでしょうかね〜〜。精神科の待合室なのだから。 そして、自分も病気の診断や相談に来ているのに、自分以外の他人を見ると
「あらぁ〜〜」とか「やれやれぇ〜〜」と思うのですね。
そして、互いに呆れたり、憐れんだりしながらも心を寄せ合っていく。
人は自分が問題を抱えていても、さまざまな個性を持っていても、
どこかに温かさや優しさを持っているのだと、
そんなふうにに思えて幸せな気持ちになれる舞台に感動しました。

舞台で繰り広げられるあまりにも個性的な病気が実在のかどうか私は存じませんが、
もし自分だったらさぞ生きにくいだろうなぁと思ってみたり、
芝居なので多少デフォルメされてはいますが、
「あーー、こういう人いるいる〜〜」なんて共感したり、
知人を思い浮かべたりしながら、いつの間にか舞台に共感し、応援している自分がいました。
さて、「無くて七癖」なんて言うくらいですから、人は誰でも「癖」があります。
別の言い方をすれば「個性」でしょうか。
すごく良い癖もあれば、直したいのに直せない悪癖もあります。
そんな癖の中には他人は気づいていたり、快く思っていないのに、
自分では気づいていない癖もあるのかもしれません。

逆に、自分ではその癖が嫌で、とてもストレスですごく気をつけて気をつけて神経をすり減らしているのに、
実は周囲はあまりなんとも思っていない、、、なんてこともありそうです。 また、親しい誰かの癖が嫌で嫌でしょうがなくて、
一度嫌だと思うとどんどん嫌になり、嫌だと思ったら最後、
良く考えてみたら大したことではないのに
気になって気になって仕方がない!なんてこともありますね。 癖‥‥ この芝居でいうところの「症候群」的なものも含めて、
笑いながら楽しみながら一方で実に考えさせられるところもありました。
そして、誰もが失敗することもあるし、邪悪な心や、
ちょっとしたボタンのかけ違いが自分でも思いもよらない言動を自分にさせてしまい、
人を傷つけしまった時にはものすごく切なく情けない気持ちになる。
一方で、誰かのために頑張ってみたり、
応援したりすることで、自分自身がどんなに大きな幸せを手に入れられるか!すてきです。 人は誰かのために我を忘れて祈り、応援し、尽くし、頑張ると、きっと幸せになれるんですね〜〜\(^o^)/
そんな教訓めいたメッセージも爽やかに受け取りました。
観た後にとても幸せになれる舞台でした。 ちなみに、このお芝居に誘ってくださった出演者の山崎美貴さんの役どころは潔癖症(笑)
大雑把とは決して申しませんが、気さくで優しくて親しみやすい雰囲気の山崎さんが演じる神経質な女性! なんとなく(失礼ながら)真逆な役どころのような気がしていましたが、さすが演技派女優さん! その動きが神経質過ぎてかえってコケティッシュ。 表情もまぁ〜〜〜〜嫌っていうほど神経質(笑) 衣装やら小道具やらと共に光彩を放っていました。 そして、ルー大柴さん、その他の役者さんたちも味わい深〜〜〜〜い演技でたっぷりと、楽しませていただきました。 お時間のある方! コレ絶対おすすめです。

NLT 03-5363-6048

中野ザ・ポケット
受付ロビー 03-3382-1560

Posted at 17:52