着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 

展覧会・イベント情報


時を織る 綾なす時
5/10(水)~14(日)

ART

野中健二 還暦記念展

時を織る 綾なす時

西陣御召の第一人者 野中健二氏の還暦を記念した個展。展示だけではなく、能楽師の人間国宝梅若玄祥氏や、華道「未生流笹岡」三代家元 笹岡隆甫氏のワークショップ・トークショー、裏千家業躰(ぎょうてい) 金澤宗維氏によるお点前など和三昧の体験ができるまたとない機会です。 


●開催情報
会期:5/10(水)~14(日)11:00~17:00
※最終14日(日)は、11:00~16:00

●お問い合わせ
銀座レトロギャラリー MUSEE(ミュゼ)
東京都中央区銀座1-20-17
☎03-6228-6694
http://kawasaki-brand-design.com

広重ビビッド
(前期)開催中~4/16(日)、(後期)4/18(火)~5/21(日)

ART

新潟市美術館

広重ビビッド

巨匠 歌川広重晩年の傑作<名所江戸百景>、<六十余州名所図会>の連作全点の「初刷(しょずり)」を紹介。線がぼやけ、摺色も減る「後刷(あとずり)」とは違うだけでなく、制作当時の色彩を鮮明に伝える。北斎や国芳らの作品も合わせ、約230点を前・後期ほぼ総入れ替えで展示。


歌川広重《名所江戸百景 水道橋駿河台》1857年(前期展示)

●開催情報
会期:開催中〜4/16(日)(前期)、4/18(火)〜5/21(日)(後期)
9:30〜18:00(観覧券の販売は17:30まで)
休館日:月曜日・3/21(火)
※ただし、3月20日(月・祝)、5月1日(月)は開館
入館料:一般1,000円ほか

●お問い合わせ
新潟市美術館
☎025-223-1622
新潟市中央区西大畑町5191-9
http://www.ncam.jp

ファッションとアート 麗しき東西交流展
4/15(土)~6/25(日)

ART
 
横浜美術館

ファッションとアート 麗しき東西交流展

開港以来、海外文化との玄関口だった横浜。19世紀から20世紀前半のファッションと美術に焦点をあて、当時の生活を紹介します。ジャポニスムの影響を受けた青海波文様のイブニングドレスや、明治期の洋装の最高峰といわれた昭憲皇太后の大礼服は必見です。 ※会期中展示替え有

「昭憲皇太后着用大礼服」 1910年頃(明治末期) 共立女子大学博物館蔵

●開催情報
会期:4/15(土)〜6/25(日)10:00〜18:00
休館日:木曜日、5/8(月)※ただし5/4(木・祝)は開館
入館料:一般1,500円ほか

●お問い合わせ
横浜美術館
☎045-221-0300
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1 
http://yokohama.art.museum

伊勢半本店 紅ミュージアム
常設10:00~18:00

SPOT

伊勢半本店 紅ミュージアム

紅花から作られる口紅、紅の文化や、紅作りの「技」を伝えているミュージアム。江戸時代から続く最後の紅屋である伊勢半本店が設立しました。日本人の生活を豊かに彩ってきた美麗な紅を堪能できる空間になっています。体験ブースもおすすめです。


●施設情報
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日、年末年始
※月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日が休館。臨時の休館のお知らせはHPに掲載。
入場料:無料

●お問い合わせ
伊勢半本店 紅ミュージアム ☎03-5467-3735
東京都港区南青山6-6-20 K´s南青山ビル1F
http://www.isehanhonten.co.jp/museum
 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
伊勢半本店

悦楽の磁器-有田の化粧道具
 
●施設情報
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金曜日は10:00〜20:00(入館は19:30まで)
休館日:毎週月曜日
企画展観覧料:一般600円

●お問い合わせ
伊勢半本店 紅ミュージアム
東京都港区南青山6−6-20 K’s南青山ビル1階
☎03-5467-3735
http://www.isehanhonten.co.jp

阿古屋
全国公開中

MOVIE

シネマ歌舞伎

『阿古屋』

日本を代表する女方、坂東玉三郎の『阿古屋』がスクリーンで堪能できます。華やかな衣裳はもちろん、琴・三味線・胡弓を美しく演奏する姿が見所。絢爛豪華な世界にうっとりしてしまいます。また、今回は『阿古屋』の舞台裏に迫った特別映像もたっぷり楽しめる作品となっています。

 
●上映情報
2017年1/7(土)より
東劇ほかにて全国公開
料金:当日大人 2,100円ほか(前売り券)1,800円

●お問い合わせ
松竹(株)シネマ歌舞伎事務局
cinema_kabuki@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki