着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
帯の種類

【 丸帯 】

丸帯

最も格の高い帯で広幅(約68cm)に織られた紋織の生地を半分に折って仕立てます。長さは袋帯と同じくらいで、現代では花嫁衣装などに用いられる程度になっています。

 

【 袋帯 】

表が柄で裏が無地の二枚を縫い合わせるのが一般的。長さはおおよそ4.2メートル~。

袋帯

 

【 名古屋帯(九寸) 】

名古屋帯 

仕立てるとお太鼓の幅が約30cmで長さが3.6メートルくらいの帯で、たれ側は引き返し、両脇を裏に折り込んで裏地を縫いつけます。

 

【 名古屋仕立ての名古屋帯(九寸)】

お太鼓部分を並幅に、胴回りの部分をあらかじめ半幅帯に縫い合わせておきます。

【 開き仕立ての名古屋帯(九寸)】

胴回りも開いたまま仕立てるので、前幅は体型に合わせて調整可能。

【 袋名古屋帯(八寸)】

お太鼓部分を二重にしてかがります。もっぱら紬などの織素材が多く、おしゃれものに用いられます。

【 兵児帯 】

主に男性、子供の帯として使われますが、最近は女性ものも。総絞りが代表的。

【 京袋帯(一重太鼓帯)】

二重太鼓の袋帯よりも、お太鼓一重分短い約3.6メートル。

【 半幅帯 】

一重ものや、表裏別の布で仕立てたリバーシブルなどがあり、ゆかたや普段着などのきものに手軽に締められます。

【 博多帯 】

博多帯

献上と呼ばれる、独鈷(ルビ・とっこ)、花皿などが表現されており、黒田藩から幕府への献上品だったことからこう呼ばれます。種類としては、袋名古屋帯が一般的です。