着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
前の記事  |  次の記事  ]

第110回 襦袢の袖をつくる

今回はいよいよ前号でつくった袖をきものにつけます。楽しいお出かけ、おしゃれな着こなしはすぐそこです。着物に襦袢をつけるのは思っているよりもずっと簡単です。ぜひお試しください。



 きものにつける場合
 
 
 
1.きものの袖とつくった襦袢の袖を重ねて寸法を確認し、きものの身頃側から身八つ口を通して袖を入れ、振りできものとぴったりと合わせます。



2.つくった袖山ときものの袖山の折り目を合わせて15cm間隔で待ち針を打ちます。

 

3.袖を返して、つくった襦袢の袖を袖付に縫いつけます。このときに、きものに対して、つくった袖の袖付を5mmほど内側に控えます。


……続きは本誌でお楽しみください。
 

和の生活マガジン『花SaKU』 年間購読お申し込みはこちらから