着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
前の記事  |  次の記事  ]

第129回 羽織を美しく着る、脱ぎながらたたむ

きものと重ね着感覚で着ることのできる羽織は、きもののおしゃれアイテムの一つです。帯結びに自身がない初心者の方にもおすすめです。羽織は室内に入っても脱がなくていいといわれていますが、TPOによっては、脱いだほうがいいこともありますので、まずは美しい羽織り方と、立ったまま脱ぎながらたたんでいく方法をお伝えします。

 

 羽織を羽織る
 
 
 
1、きものの着方と同様に、衿の中心と乳(羽織紐のつく位置)の辺りを合わせて持って、後ろに回して広げます。
 

2、 片側の肩にまずかけて、逆の肩にもかけます。


・・・続きは本誌をご覧ください。
和の生活マガジン『花SaKU』 年間購読お申し込みはこちらから