着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
前の記事  |  次の記事  ]

第130回 一重太鼓の応用で、かんたん角出しを結ぶ

粋好みの方に人気の角出し結びを、一重太鼓を応用する形で結んでみましょう。 お太鼓の中を整理するプロセスを省けるので、一重太鼓よりもかんたんです。 帯はなごや帯を使います。お太鼓の位置が低いので、ヒップが気になる方にもおすすめです。
 

 角出し結びを結んでみる 
 
 
 
1、ハンドタオルまたは普通のタオルを20〜25センチ幅でくるくると巻きます。

2、ガーゼの中心に1のハンドタオルを入れて包み、使う帯揚をここにかけておきます。

3、2つ胴柄を前にして胴一回りを取り、て先のほうへもう一周り取ります。さらにて先の長さは身幅分(30センチ)を取ります。
 

・・・続きは本誌をご覧ください。
 
和の生活マガジン『花SaKU』 年間購読お申し込みはこちらから