着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
前の記事  |  次の記事  ]

12月 林檎みぞれ酢和え

旬のリンゴの香りと酸味が広がる冬ならではの一品

料理 日本料理「ほうおう」
写真 内田祐介


すり下ろしたリンゴの風味と野菜の食感が楽しいレシピ。リンゴは、甘みよりも酸味の強い品種がおすすめです。ビタミン豊富でさっぱりヘルシーな一品に。土佐酢の量はお好みで調整しましょう。

【材料(2人分)】
リンゴ―1/2本、三つ葉—1/6把、ニンジン―40g、シイター2個
●土佐酢 一番だし―60ml、酢ー20ml、薄口しょうゆー10ml、みりん10ml、カツオ節―少々
○Aだしー100ml、みりんー少々、薄口しょうゆー少々

■作り方
① 土佐酢を作ります。カツオ節以外の材料を合わせて火にかけ、沸騰直前に火を止めカツオ節を加えます。自然に冷まして濾(こ)します。

② リンゴは4等分にして皮をむいて芯をとり、蒸し器で7〜8分蒸します。


③ ❷をミキサーにかけてみぞれ状にし、土佐酢を加えて混ぜます。
 
④ シイタケは石づきをとってさっと洗い、ふり塩をしてオーブンで5分間焼きます。5ミリの厚さに切ります。
 
⑤ 三つ葉をさっとゆがき、冷水にさらします。
 
⑥ ニンジンは長さ3センチに拍子木切りします。○Aで歯ごたえが残る程度にさっとひと煮立ちさせて冷まし、下味をつけます。

⑦ ❸にシイタケ、三つ葉、ニンジンを加えて混ぜ、器に盛ります。


〈ポイント〉
リンゴは一度蒸すことで、変色するのを防ぎます。急ぎのときは水を入れた深皿に割り箸を渡し、リンゴを並べてレンジにかけましょう。