着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
トップ > ニュース

■■きもの美人が街を往く・2017 小寒(2017/1/5)■■

[2017年01月05日]

和の生活マガジン『花saku』編集部がお届けするメールマガジンです。

二十四節気ごとに配信しています。 

 

年が明けて5日目を迎え、
年末年始のあわただしさから少しは解放されていらっしゃるでしょうか?

 

1月5日は小寒(しょうかん)です。

 

新年を祝い、門の前や家の戸口に門松を立てて置く期間を「松の内」といいます。

関東では元日から6日または7日まで、関西では14日または15日までが
慣例となっていて、お正月らしい晴れやかな雰囲気が漂います。

「松の内」には七福神を祀った寺社を巡って1年の幸運を祈ります。

「七福神詣で」にきものでお出かけするときは、防寒対策をしっかりしてください。

手首、足首、首が一番寒さを感じると思います。
人混みを歩くとき、籠形のバッグなどはスリや落とし物にもご注意を! 

 

-------------------------------------------------------------

季節に合わせて着たい柄

干支、松竹梅、宝尽くし、鳳凰(ほうおう)、鶴、亀、雪、

福寿草、水仙、千両、梅 鶯(うぐいす)、色紙、短冊、

独楽、雪持ち笹、春の七草

-------------------------------------------------------------

 

------------------------------------------

今月の情報

■和の生活マガジン『花saku1月号発売中です!

■年始に「きものでお出かけしたい」展覧会情報

■年始のご挨拶のときに知っておくと便利です。
「羽織を美しく着る、脱ぎながらたたむ」

------------------------------------------

 

和の生活マガジン『花saku1月号発売中です!

 

特集は「わたしにぴったりフィットの美しい足元」
足袋選びで大切なのは「快適な履き心地」です。

今回は草履と足袋の老舗を訪ね、

自分の足にぴったりの草履と足袋を選ぶポイントをうかがいました。

 

台と鼻緒で無限の組み合わせを楽しめる草履の選び方や
草履で変わる着姿の印象など、
目からうろこの情報をたっぷりとお届けします。

 

連載ページの「きものとわたし」には
ブライダルファッションデザイナーとして51年間、

第一線を歩み続けてきた桂 由美さんが登場いたします。
洋装のイメージが強い桂さんですが、「きもの」が大好きなのだとか。
きものデザインにも力を注いでいる桂さんの和装振興への思いをぜひ、ご一読ください。

そのほか、和の生活マガジン『花saku1月号について

詳しくはこちらから↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/e_products/view/00011/00000000554

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

 

年始に「きものでお出かけしたい」展覧会情報

 

【東京都:渋谷】

■マリメッコ展
デザイン、ファブリック、ライフスタイル

開催中~2/12()

Bunkamura ザ・ミュージアム 

フィンランドを代表するデザインハウス「マリメッコ」の作品は
鮮やかな色彩と大胆でのびやかなデザインで心を明るく励ましてくれるようなものばかり。
ヘルシンキからやってきた作品の数々から放たれる、北欧エネルギーを感じてみてはいかがでしょう?

 

●開催情報

時間:10:0019:00(入館は18:30まで)

毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

休館日:2017年1/1(日)

入館料:一般1,400円ほか

 

●お問い合わせ

Bunkamura ザ・ミュージアム

東京都渋谷区道玄坂2-24-

03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://marimekko-exhibition.jp

 

---------------------------------------------------------

 【東京都:銀座】

■特別展「白洲正子ときもの」

開催中~1/16()

松屋銀座 

独自の審美眼を持つ随筆家、白洲正子が実際に身に着けた「きもの」に焦点をあてた展覧会。
「どきどきさせるものが美しい」と語る白洲正子が実際に選び、
愛用したきものや和装小物など約
150点が展示されます。
彼女の感性に触れられる貴重な機会です。

 

●開催情報

時間:10:0020:00(入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場)

入場料:一般1,000円ほか

 

●お問い合わせ

松屋銀座

東京都中央区銀座3

03-3567-1211(大代表)

https://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal
---------------------------------------------------------

 【島根県:安来市】

■教えて巨匠! 日本画ってなぁに?

開催中〜2/28()

足立美術館 

日本画に詳しい人も、そうでない人もぜひ足を運んでみてください。日本画の基本が分かる展覧会です。
横山大観や上村松園などの近代日本画の巨匠の作品を教材に学ぶことができます。
一見難しそうで、知ってみると奥深くおもしろい日本画の扉をたたいてみましょう。

 

●開催情報

時間:9:0017:00

休館日:2/2は展示替えのため新館のみ休館

入館料:大人2,300円ほか

 

●お問い合わせ

足立美術館

島根県安来市古川町320

0854-28-7111

https://www.adachi-museum.or.jp

 

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

 年始のご挨拶のときに知っておくと便利です。

「羽織を美しく着る、脱ぎながらたたむ」

「装賀きもの学院」の学院長 安田多賀子先生が伝授する「教えて安田先生 きもの塾」。
今回は羽織を美しく羽織る方法と、立ったまま脱ぎながらたたんでいく方法を
教えていただきました。

重ね着感覚で着ることのできる羽織は、きもののおしゃれアイテムの一つです。
帯結びに自信がない初心者の方にもおすすめ。
羽織は室内で脱がなくていいといわれていますが、
TPOによっては、脱いだほうがいいこともあります。

年始のご挨拶に伺った際、脱ぐことになった場合の対処方法を知っておくと安心ですね。

 ↓「羽織を美しく着る、脱ぎながらたたむ」方法はこちらから↓
http://sakuracom.net/mces/index/00183/0187

↓人気連載「教えて安田先生 きもの塾」のバックナンバーはこちら↓
http://sakuracom.net/mces/index/00183

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

結婚式や年始のパーティー、初釜など、

きものでお出かけしたときは記念撮影をお忘れなく!

撮影した写真は編集部にお送りください。

『花saku』の誌面やウェブサイトでご紹介させていただきます。

 

↓「きもの美人」写真募集中↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/inquiry_logs/apply/00024

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

●タブレット端末やパソコンで和の生活マガジン『花saku』を購読ご希望の方は、

下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。

PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロードできます。

モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも電子書籍ならご購読いただけます。

 http://goo.gl/7OwM8    

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

その他、きものに関する情報満載です! 今すぐ、こちらをクリック !

http://www.sakuracom.net 

 

======================================================== 

■当メールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。

返信できませんのでご了承ください。

■当メールは「等幅フォント」に設定すると、より見やすく表示されます。

======================================================== 

2017 小寒」のメールマガジンへのご感想・ご意見・ご相談、また、 ご質問・ご要望が

ございましたら、下記宛でメールをいただければ幸いです。

 https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/inquiry_logs/apply/00137

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

○このメールマガジンの転送は自由です。ご友人にぜひお知らせください。

転送される場合にはこのフッターまで含めてご転送ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~