着物、着付け、コーディネート、着付け動画、ヘアメイクなど着物に関する様々な情報が満載のきものポータルサイト。着物雑誌「花saku」のオンライン版です。豊かなきものライフを実現する「たんすコンシェルジュ」も推進しています。

月刊誌「花saku」の年間購読のお申し込みはこちら!
たんすコンシェルジュ
花saku次号予告
 
トップ > ニュース

■■きもの美人が街を往く・2018 小満(2018/5/21)■■

[2018年05月21日]

和の生活マガジン『花saku』編集部がお届けするメールマガジンです。

二十四節気ごとに配信しています。 

 

5月21日は小満(しょうまん)です。

 

七十二候 初侯 「蚕起きて桑を食う」

 

蚕が、桑の葉をたくさん食べて育つ頃のこと。

きもの一反につき、約2,800匹の蚕が作る繭玉が必要といわれています。
これだけの繭玉を作るためには100㎏もの桑の葉が必要だとか。

戦前までは、日本の農家の4割近くが養蚕に携わっていました。

かつては日本の基幹産業だった養蚕、製糸業も

化学繊維の発達、和装の減少などにより衰退。
国産の絹糸の生産量は非常に少なくなり、国産絹糸できものを作ることは
年々難しくなっています。

 

一方皇室では、明治以降養蚕業の奨励や文化継承のため、歴代の皇后が蚕を育て

繭をつくっています。美智子さまは養蚕に対する意識がとても高く、

美智子さまが紡がれた糸は奈良・正倉院の宝物である古代絹織物の修復作業にも使われました。

来年5月の新天皇即位に伴い、この伝統的に行われている養蚕は、
美智子さまから雅子さまへと引きつがれるという報道がありました。

とても貴重な国産の絹糸を使ってきものを織る職人さんたちは

「あなたのお命ちょうだいして大切に織らせていただきます」という思いを込めて

丁寧に1枚、1枚きものを織りあげていくのだとか。

草木が元気に育つ小満の頃は、きもの職人のみなさま同様に
「お蚕さま」へ感謝する時期でありたいものです。


------------------------------------------

今月の情報

■和の生活マガジン『花saku』6月号 発売中です!

■季節に合わせて着たい柄

■きものでお出かけ情報

 

------------------------------------------

 

和の生活マガジン『花saku』6月号 発売中です!

 

今月の特集は「暑い夏を楽しく快適に 体形別ゆかたの着こなし」

お祭りや花火大会。きらきらまぶしい夏が近づき、ゆかたを着る機会が増えてきます。
せっかく着るなら自分に合わせた着こなしをしたいですね。

ぽっちゃりさん、ほっそりさん向けのコーディネートや
着付けのコツをお届けします。

 

そのほか、和の生活マガジン『花saku』6月号について

↓詳しくはこちらから↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/e_products/view/00011/00000000572

 

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

 

季節に合わせて着たい柄

 

雨、海、雲、紫陽花、百合、アザミ、夏椿、傘

桔梗(ききょう)、くちなし、鉄線、舟、沢瀉(おもだか)、
露芝、睡蓮(すいれん)

 

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

 

きものでお出かけ情報

 

ご家族やお友だちとのお出かけにおすすめの
展示会やイベントをご紹介します。

 

ART

メナード美術館

開館30周年記念 所蔵企画展

-ひと- 人・顔・姿

 

誰一人同じではなく、豊かな個性があふれる顔や姿。

70点の絵画や彫刻を3つのテーマに分けて楽しむ展示会。

絵画に描かれる「ひと」の表情や姿から

その人の感情を読み取ってみるのもおもしろいですね。

 

 

●開催情報

会期:開催中~ 6月24日(日)

開館時間:10:0017:00(入館は閉館の30分前まで)

入館料:一般 900円ほか

休館日:月曜日(祝休日の場合は直後の平日)

 

●お問い合わせ

メナード美術館

0568-75-5787

http://museum.menard.co.jp

 

 

ART

東京藝術大学 大学美術館

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」

 

NHKの大河ドラマで話題となっている西郷隆盛。

学校の授業でも習うほど有名ですが、

肖像写真が1枚も残っておらず謎に包まれた部分が多い人物です。

この特別展では西郷隆盛ゆかりの美術品などから、人物像や時代を紐解きます。

激動の時代を感じにきものでお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

●開催情報

会期:5月26日(土)〜7月16日(月・祝)

入館料:一般 1,500円ほか

開館時間:10:0017:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(7月16日は開館)

 

●お問い合わせ

東京藝術大学 大学美術館

03-5777-8600(ハローダイヤル)

https://www.geidai.ac.jp/museum

 

 

EVENT

とうかさん圓隆寺

とうかさん大祭

 

「稲荷大明神」のお祭りで、稲荷を「いなり」ではなく

音読みで「とうか」と読んだことに始まります。

別名「ゆかたの着始め祭り」と呼ばれていて、

たくさんのゆかた姿の男女でにぎわう広島を代表するお祭りです。

今年のゆかたの着始めに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

●開催情報

【開催日】6月1日(金)・2日(土)・3日(日)

【時間】正午から午後11(最終日のみ午後10時まで)

 

●お問い合わせ

とうかさん圓隆寺

082-241-7420

http://www.toukasan.jp

 

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

結婚式やパーティー、イベントなど、

きものでお出かけしたときは記念撮影をお忘れなく!

撮影した写真は編集部にお送りください。

『花saku』の誌面やウェブサイトでご紹介させていただきます。

 

↓「きもの美人」写真募集中↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/inquiry_logs/apply/00024

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ 

●タブレット端末やパソコンで和の生活マガジン『花saku』を購読ご希望の方は、

下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。

PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロードできます。